設立に必要な費用

会社設立の手続きにはどれくらいの費用がかかるのかを見てみます。公証人手数料とは作成した定款認証の手数料のことで50,000円かかります。定款印紙代は40,000円、定款謄本代は約2,000円、登録免許税は150,000円、登記簿謄本代600円、印鑑証明書代450円で243,050円くらいになります。しかし、定款印紙代は自分で作成して紙媒体で提出すると40,000円かかりますが、代行サービスで電子認証を使えば印紙代が発生しませんので0円となります。

したがって代行サービスに委託すれば210,000円弱で手続きをしてくれることになります。ただし自分で電子認証を使うことも可能ですがこの場合パソコン上にソフトと電子証明書とICカードリーダーを揃える必要があります。上手くフリーソフトを使えば10,000円以内で準備することも可能です。

また登録免許税に関しては資本金の金額×0.7%と定められており、その額が150,000円以下の場合はすべて150,000円となります。(資本金が2,140万円以下の場合)

許認可申請が必要な業種は業種の事業内容や所在地によって申請先や許認可の申請料も異なってきます。さらに許認可の申請は行政書士でなければできないくらい複雑なものなので代行サービスが必要になります。その場合行政書士の業務に対する報酬金が発生します。都道府県によって申請の手数料も異なりますし、行政書士によっても報酬金が異なりますので、よく調べてから委託することが大事になります。